導入事例

株式会社クスリのマルエ マルエ薬局前橋朝倉店

群馬県前橋市

地元密着の薬局ならではの取り組みを展開!地域・お客様とのつながりを大切に

群馬県の地方新聞、上毛新聞に1ページの広告を掲載。『つるへ恩返し』のコピーは、鶴が舞う形の群馬県で、郷土への深い感謝と繋がりを表しておられる。

家の近くの頼れる薬局、信頼できる薬局を目指して

月1回の健康測定会の開催で、調剤薬局に来店しやすい環境作り

マルエ薬局前橋朝倉店は、ドラッグストア併設薬局として、郊外ロードサイドに大規模スーパーと並んで2017年9年にオープン。自動車保有比率日本一の群馬県ならではの調剤専門のドライブスルーも併設されている。

健康測定会は、地域の方と信頼関係を築くことと、処方せん調剤が必要なときや相談をしたい時に、まずマルエ薬局を思い浮かべていただける事を目標にスタートした。現在は、前橋朝倉店、高崎駅西口店で定期開催、高崎箕郷店では随時開催しており、各店共、毎回多くのお客様が参加されている。

測定会当日は店舗入口に健康測定会の案内告知があり、測定会を目的にお客様が次々に来店されている。前橋朝倉店では、昨年12月から健康測定会をスタート、月に1回の開催で今回(2018/7/30)が8回目。健骨測定(簡易骨密度)、検体測定(ヘモグロビンA1c、脂質)、そして脳活バランサーCogEvo(認知機能チェック)の3種で健康測定を行っている。今回が初めて参加された桜井様は『75歳の母と一緒に参加しました。脳活バランサーCogEvoを定期的にすると、自分の認知機能の状態が見えてくるので、続けていきたいですね。』と次回の測定会に興味を示されていた。

「脳活バランサーCogEvo」で地元のお客さまともっと密接になるきっかけ作りを   

地元でのブランド化と信頼作り

『調剤薬局の集客の一つとして、健康測定会をはじめました。
クスリの処方せん以外では、なかなか調剤薬局に足を運んでいただく機会はないので、各店で月に1回以上開催しています。
マルエ薬局は、群馬県を中心とした地元密着の薬局です。地元主催の健康イベントや、各店オリジナルの集客イベントを積極的に行っています。朝倉店の健康測定会にもこれまで100名近い方々が参加され、地元のお客様に深く浸透してきたと思います。』と事業推進部長の鈴木暁子さん。
健康測定会を続けることで、確実に地元でのブランド化と信頼の深化に繋がっている事を実感されておられたご様子だ。

お客様とのコミュニケーションツールとして最適!

『測定会への集客については、脳活バランサーCogEvoを使った 「脳活」が非常に役立ってると思います。
簡単に認知機能について理解してもらうにはとても良いツールですね。認知症予防に積極的に取り組んでいる調剤薬局としてもそうですが、継続していただくことで、お客様ともっと親密になることができ、コミュニケーションツールとしても最適です。
今後、実施後のアドバイスを適確にできるように見当識や記憶力等の注意したい実例をお客様に分かりやすく説明できるよう、研修会等を実施していきたいと思っています。』と集客効果と今後の活用についてお話しいただいた。

健康測定会でファンを獲得

朝倉店の責任者で薬剤師の舩渡川さんは、

『この店に来られた方には健康測定会のチラシを渡しています。
健康イベント等を企画しないと、処方箋以外ではなかなか調剤薬局に来ていただく機会はありません。門前薬局というだけでなく、家の近くの頼れる薬局、信頼できる薬局としてご近所の方に来ていただけるような、そのきっかけ作りをしてきたいですね。
今は月に1回の測定会ですが、今後は数を増やして、ファンを益々獲得していきたいと思います。』

今後も地元の人々を想い、お客様が気楽に来れる薬局を目指して いきたいと意気込みを語られた。