導入事例

神戸市医療産業都市PRイベント

神戸市

神戸医療産業都市PRイベント けーびっくり!ランドに出展

子供向けのPR冊子「おしえて!神戸医療産業都市」の進出企業紹介に掲載

PRイベントに『脳活バランサーCogEvo』が参加

神戸市東灘区、JR住吉駅直結のショッピングモールにて、2018年2月24日、神戸医療産業都市の取組みを広く市民の皆さまにPRするためのイベント『けーびっくり!ランド第3回』が開催。買い物途中のお客さまが、神戸医療産業都市について説明を受けたり、脳活バランサーCogEvoに挑戦した。
 ショッピングモールでは初めてのイベントにも関わらず、スタートから、多くの市民の皆さまが、認知機能の状態を短時間で、楽しく、体験できる脳活バランサーに興味を持たれた。

買い物ついでに気楽に脳活バランサーCogEvoに挑戦

11時の開店から夕方5時までの開催中、55名のお客さまが脳活バランサーCogEvoを体験。全員が初めてで、約5割が70歳代以上だが、10歳代から最高齢が89歳と幅広い世代の方々が体験。ほとんどの方が、楽しい、またやりたいという感想で、また、両親や友達、家族にも紹介したいとのこと。
 「自分の事を知れてよかった」「認知機能にもいろんな種類かあることが分かった」「楽しめました」「いつも自由に参加できる場が欲しい」といった参加者の声をいただいた。
 神戸医療産業都市担当者は、「市民の皆さまの真剣に取り組む姿を見ると、参加型イベントの集客ツールや認知機能に対する気づきのツールとして、非常に効果的だったと思うので、今後も同様のイベントを開催したいですね。」と期待を語った。