導入事例

デイサービス暖団[西大路] (2)

京都市

脳活バランサーCogEvoがつなぐ3つの施設

毎日楽しくCogEvoで脳活トレーニング「さめがめ」ファンも急増中!

自宅訪問の際、脳活バランサーの結果をご家族に手渡し

通所介護サービスを利用されている方のご自宅には3か月に一回訪問を行っており、その際、脳活バランサーCogEvoの結果もお渡ししている。ご家族にも認知機能の結果シートをお見せしながら説明する事で「こんなサービスまでしてもらえるとは」と非常に喜んでいただいている。

西大路、一乗寺、草津で切磋琢磨し新しい使い方を提案

2018年1月から、デイサービス暖団一乗寺、草津の両施設にも、脳活バランサーCogEvoが導入され、クラウドで3施設が繋がった。
一乗寺の施設長 岩瀬昌子さんは、「今年の1月からフィットネスバイクに、脳活バランサーを取り付けて利用を開始しました。約200名の通所者全員を名札登録しています。週2回必ずご利用されている方から、「最近はお金の勘定が間違わなくなった」と身体も認知機能も元気になったと嬉しい話を聞いています。これからもクラウドで他の施設の活用状況を参考にしながら、切磋琢磨して頑張っていきたいですね」と意気込みを語られた。
 草津の施設長 寺﨑勇介さんは「通所者全員のうち約130人が名札登録しています。ゲーム感覚なのでみなさん非常に楽しんで利用されていますね。たまに、ゲームに没頭して足が止まっている利用者には、職員が『足が止まってますよー』と声がけをする場面もあります。タッチパネルの反応が利用者によって違うので、職員はその様子をさりげなく見ながらお声がけをしています。クラウドで他施設の使用状況も一目でわかるので、今後は新しい使用方法も提案していきたいですね」とお話しいただいた。
 デイサービス暖団3施設が、脳活バランサーCogEvoで繋がったことで、各施設の状況やアイデアを共有し、新しいスタイルのサービスを行っていけるのではと、3施設で生まれる新たな取り組みを期待されている。