導入事例

デイサービス暖団[西大路] (1)

京都市

楽しく頭と身体を動かして、一人でも多くの方の「できた!」を全力サポート

トレーナーの皆さんの元気な声掛けと充実したトレーニング設備が印象的

まるでフィットネススタジオ

京都市 JR西大路駅から徒歩約5分にあるデイサービス暖団[西大路]は、エントランスを入ると広々としたフロアに運動マシンや用具が設置されている。フィットネスクラブのようにトレーニングや体操をしたり、食堂でカラオケを楽しんだりと、さまざまなプログラムを取り入れている。

フィットネスバイクにCogEvoを取付けデュアルタスク

デイサービス暖団では従来型のレクリエーションではなく、一人一人の身体の状態に合わせた高齢者向けのフィットネス運動を取り入れている。特に目を引くのは、フィットネスバイクに脳活バランサーCogEvoを取り付けたオリジナルのトレーニングマシンだ。
「脳活バランサーを導入したのは2年前。最初は利用者が限られていましたが、ほとんどの方が利用されるフィットネスバイクの前に脳活バランサーCogEvoを取り付け、運動をしながら同時に脳活もできるようにしました。身体を動かしながら楽しんで脳トレもできることで、皆さんの興味も随分わいてきました」とフロア長で介護福祉士の柿崎さん。介護福祉士、健康運動指導士などの30名を超えるスタッフ全員が脳活バランサーCogEvoの使い方を取得し、スタッフみんなで声がけをして利用を勧めている。
施設説明の際にも、ご本人、ご家族に運動を重視しながら脳活バランサーCogEvoを使った脳活に取り組んでいる事も紹介している。現在約200名の通所者のうち、約70~80名が脳活バランサーCogEvoの名札登録をしており、《①フィットネスバイク+脳活バランサーCogEvoのデュアルタスク型 ②通常の脳トレ》と2つの種類で登録。「今日はどっちのパターンで利用しますか」とお声掛けし、その日の調子もヒアリングし利用していただいている。
週に2回通っている砂坂イツ子さん(75歳)は「バイクを漕ぎながらCogEvoをはじめて2年目です。楽しくて、毎回来るたびに自転車を漕ぎながらやってます。毎回挑戦のつもりです」とバイクを漕ぎながら笑顔で話された。