月額1,500円で
大切な家族の脳活とみまもり

CogEvo Personalで始める家族の「みまもり」

コロナ禍で高齢者の認知機能低下が危惧されています。
CogEvoPersonal なら、なかなか会えないご家族をそっと見守る事ができます。
同居のご家族と一緒に楽しくトレーニングもできます。

CogEvo Personalで認知機能チェックと
大切なご家族の見守りサービス

CogEvo Personalは認知機能のトレーニングとチェックができます。
また、サポーターサイトでご家族を登録すると、CogEvoの取り組み状況や、詳しいデータを確認できるので、見守りサービスとしても活用することができます。

お父さん、お母さんへ

コロナで外出も控えている事と思いますが、体調はどうですか?
外出自粛による高齢者の体力や認知機能の低下が問題になってきているようで、心配しています。
私も、家でテレビ会議やリモートワークが続いていて、忙しくて何だか少しボーっとする事が増えているように思ったので、この間から、CogEvoという頭をトレーニングできるゲー ムのようなものをやってます。

1回5分、毎日のラジオ体操のような感じで、 楽しく頭のトレーニングができるので、メリハリが付き、仕事力のアップにもなっているように感じています。自分の認知機能の特徴がわかるのも面白いところで、子供の頃にいつも注意されたところは、いまでも変わらないみたいです。(笑)

サポーターサイトの機能を使うと、見守りサービスみたいにも使えるので、2人にもやってほしいなと思ってます。申込や登録はこっちでできるので、準備ができたら連絡しますね。

CogEvoPersonal(コグエボパーソナル)のご利用について

お一人毎に記録を取るため、1契約につき利用人数は1名です
ネットの利用できる、タブレットをご準備ください

CogEvo Personalで脳活と「みまもり」をはじめませんか?

お手続き方法を見る
PDFで見る動画で見る

CogEvo Personalの活用例

活用例:離れているご両親にプレゼント

コロナ禍で外出がめっきり減った両親。
遠方で会いにも行けず、認知症が心配。

電話やSNSで両親と連絡は取っているけど、なかなか会いに行けないし、最近同じ事を言う回数が増えたような気がするので心配。
CogEvoならトレーニングも出来るし、事前にサポーターサイトで登録しておくと見守りにも使えて安心。

活用例:同居しているおじいちゃんにプレゼント

最近もの忘れが気になるおじいちゃん。
何か頭のトレーニングができるものはないかな?

外出の機会が減って地域の集まりやお友達とも会う事ができず、家にこもりがちなおじいちゃんの事が心配。
CogEvoならゲーム感覚で出来るし、楽しくトレーニングできるから、気に入ってくれる事間違いなし!いつまでも元気でいてね!

「みまもり」までの流れ

STEP1
親御さん向けのタブレットをご用意

親御さんに使っていただくタブレットをご用意ください。手持ちのものがなければご購入ください。

STEP2
ご家族さまがCogEvoをご契約

ご家族さまの方でCogEvoのご契約をお願いいたします。 ご契約は5分で完了します。

STEP3
ホーム画面にCogEvoを設定

親御さんにお渡しするタブレットのホーム画面に、親御さんがすぐに使えるようCogEvoを設定してください。

STEP4
サポーターサイトに登録

みまもり機能が使えるよう、
サポーターサイトにご登録ください。

STEP5
親御さんにプレゼント

親御さんにタブレットごとプレゼント。
CogEvoの使い方はこちらから。

STEP6
さりげなく「みまもり」

CogEvoの取り組み状況や詳しいデータを確認して、
さりげなくみまもりができます。

CogEvo Personalで脳活と「みまもり」をはじめませんか?

お手続き方法を見る
PDFで見る動画で見る