CogEvoを科学する

【CogEvo[コグエボ]】のトレーニング効果の要因のひとつは「豊富なフィードバック情報」にあります

CogEvo[コグエボ]は、高次脳機能障害のリハビリテーションで使用されているツールをICT化したものですが、トレーニングを目的に活用することで、認知機能(見当識、注意力、作業記憶など)、行動評価(易疲労性や発動性)、POMS2(気分プロフィール)が改善し、SF36(健康状態のスコア) の心の健康も有意に軽減し改善したことなどが報告されています。
 CogEvoは、ご存じのように実施後のフィードバック情報として、結果画面に「総合得点、指数、取組時間、級、メダル、コメント、レーダーチャート、トレンドグラフ」が表示され、今日の調子やこれまでとの比較などがわかりやすい設計になっています。
1. 級数・得点・指数
2. 級の獲得数をメダルで表示
3. 前向きなコメントで応援
4. レーダーチャートで現在と3ヶ月前の認知機能の特性を比較
5. トレンドグラフは週・月・年で表示され、認知機能の経時変化を確認

『“フィードバックの豊富さ”、“病前の操作状況との比較ができる”という面で、対象者の動機付けに影響し、さらにPCのセッティングや起動、ソフトの立ち上げ、課題の選択など自発的な行動の定着を促した結果、日常の認知的行動面の改善を促した可能性が考えられた。』(南ら,認知リハビリテーション,18(1),2013)
CogEvのトレーニング効果はタスクを取組むだけでなく、結果情報の仕組みも要因のひとつであることが臨床研究でもわかっています。


これからもCogEvoは、使う人の視点に立ったツールとして、エビデンス(科学的根拠)の取得だけでなく、より使いやすい技術開発に取り組みながら進化していきます。

CogEvo