CogEvoを科学する

【さめがめ】は楽しみながら複数の認知機能を鍛える異色のタスクです。

「さめがめ」は、同じ色が2つ以上隣り合うボールを消していくもので、同時に消えるボールが多ければ多いほど、得点が大きくなり、消せるボールがなくなった時点でゲーム終了となります。12のタスクの中では比較的時間がかかり、なおかつトレーニングの色合いが強い異色のタスクです。

また、「さめがめは」、空間認識力のタスクに分類されていますが、高得点を出すためには、どの色を中心につなげて消すのか、順序や位置関係を考えながら取り組む必要があります。その際には、視覚性ワーキングメモリや注意力、計画力等の複数の認知機能を使うため、ゲーム感覚で楽しみながらも効果的な認知機能のトレーニングを行っていることになります。

脳活バランサーCogEvoのユーザーの中で、このタスクにはまる人は少なくなく、全消し(全部のボールを消す)や最高得点の更新に日々チャレンジしているようです。

最近ではカラーユニバーサルデザイン(CUD)に配慮し、 P 型(1 型)色覚、D 型(2 型)注)色覚の識別に対応した色使いに改変して色弱の方に取り組みやすくしました。

「さめがめ」をやったことがない、やり方がよくわからない、という方は是非チャレンジしてみてください。

CogEvo