CASE

株式会社警友 雅薬局駅前店

コロナ禍でもできる!CogEvoを使った健康サポート薬局での取組み

株式会社警友 社長の下河様にお話を伺いました

コロナ禍でもCogEvoを使って安全に楽しく

薬局を2店舗経営する中、薬や食事・介護など、健康に関する様々な相談が出来る薬局として、4年前に健康サポート薬局の認定を受けました。

地域で健康サポート薬局の数はまだ少なく、明石市内では当店を含め5店舗しかありません。当初はフレイル予防として毎月1回講師を招いて、明石の海岸でノルディックウォークをしたり、デュアルタスクの体操や、折り紙教室などを実施し、健康サポート薬局としての取組みを展開していました。

しかしコロナの影響で今までの集合型のイベント開催が全くできなくなり、ソーシャルディスタンスを保ちながら取り組めるものを探していた時に、医薬品卸会社の担当者からCogEvoを紹介されました。CogEvoは音声によるわかりやすい説明と動きのあるデザインなのでゲーム感覚で楽しみながら一人で出来るので安心して実施していただけます。

メニューは「5種バランスチェック」「クイックチェック」「2種おすすめタスク」「選んでトレーニング」の4種類があり、バリエーションが多いので患者さんも飽きないと感じています。

CogEvoの結果も取り入れた「個人ファイル」で、患者様の健康をサポート

導入後、毎月25日に4名で予約枠を設定し、主に調剤で来られた65歳以上の患者さんにお声掛けしながらCogEvoを使った脳トレイベントを開始しました。コミュニテー広報紙「ぷらっと」や薬局チラシなどでも参加者を募っています。

参加された方には無料で個人のファイルを作成し、CogEvoの結果だけでなく、患者さんの状況、抱えている問題、生活環境、健康相談、服薬指導、食事、介護、認知症含め、細かいヒアリングを行い、相談に応じています。

個人のファイルを作成・管理する事で、スタッフ間での情報共有ができますし、来店時にどのスタッフでもスムーズに対応できることで、患者さんに安心していただける環境づくりにも繋がっています。

また、タブレットに慣れていない患者さんも多くおられますが、CogEvoは専門性がなくても簡単に扱うことができるので、薬剤師だけでなく店舗のスタッフ全員が来店者に対してスムーズに操作説明や誘導する事ができています。はじめは12種の中からお好きなタスクをやってもらい、リラックスしたところで「5種バランスチェック」を実施しています。たとえCogEvoの結果が悪かったとしても、考えること自体が脳に良い刺激になっていると思います。一緒に来店されたご家族は、CogEvoを一生懸命される親御さんの姿を見て喜ばれたりと反応も上々です。

個人のファイルがある方は、毎月のイベントとは別の日にも実施したり、予約をいただいたりして運営しています。現在の登録者数は15名ですが、これからどんどん増やしていきたいと考えています。

『脳トレ』イベントを通じた地域貢献の取組み

脳トレイベントを始めてからは、想定以上に認知症に対して不安に思っている方が多くおられることや、イベントを通じて皆さんの不安を安心に変えられることがわかりました。地域の高齢化も進んでおり、参加される方の中には独居の方も多くおられますので、これらの取組みがそのような方々の一助になればと思っています。

今後は明石市と連携し、店舗の一部を改装して認知症カフェも運営をしていく予定です。健康サポート薬局での認知症予防対策として、このような取組みを行っている事を多くの方に知っていただきたいと考えています。

株式会社警友
雅薬局駅前店

医薬品はもとより、健康食品なども取り揃えており、処方箋の受付、薬剤師による薬の相談も承っております。
今後、拡大していくであろう在宅医療にも、地域のかかりつけ薬局として積極的に参加していきたいと思っております。現在は、周辺医院の在宅患者様への訪問服薬指導も行っています。

雅薬局駅前店

兵庫県明石市朝霧南町1丁目488-13
電話番号:078-911-9800